menu
閉じる
  1. うつ病の治療薬通販コラム「うつ病の薬(治療薬)などを最安値で購入する方…
閉じる
閉じる
  1. 自分はうつ病のはずがない!という思い込みが一番怖い・・・
  2. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状とは?」05
  3. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状とは?」04
  4. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状とは?」03
  5. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状」02
  6. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状」
  7. うつ病の治療薬通販コラム「もののとらえ方に現れるうつのサイン」
  8. うつ病の治療薬通販コラム「考えの乱れに現れるうつのサインとは?」
  9. うつ病の治療薬通販コラム「「身体の調子に見られるうつのサインとは?うつ…
  10. うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?うつの…
閉じる

うつ病の症状と治療法

うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?うつの身体の症状まとめ一覧」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a0001_017437

うつの身体のSign:食欲が衰える

食欲の衰えはなぜ起きるのか?本来の生命維持機能が衰弱化
健康な人は、生命維持をするために十分必要な食事を摂るようにコントロールされています。うつになるとこのコントロール機能を失い、食欲が衰え、一日一食とか二食しか摂れないことも少なくありません。

食欲を失う心の病気には、いわゆる「拒食症」がありますが、こちらのほうはダイエットの失敗や人間関係の問題など、比較的原因がはっきりしていることが多いものです。

また、問題行動は食事のみに限られ、普段はわりと元気に見えますが、うつはあまり直接的な原因が明確ではなく、さらに見るからに元気がなさそうに見えます。

とくにうつの時期は、朝方の気分が悪いので、朝食を摂らない人が多く見られます。食べるにしても、無理に口の中に押し込んでいるという感じで、味もなくただ食べてるという時期があります。よく「砂を噛むような」という表現もありますね。

また、極端な偏食も現れがちです。パンなら食べることができるという人、麺類だけを食べる人、お茶漬けにしたご飯だけ、どうにか食べれる人もいます。

おかずも、同じものばかり食べる傾向がよく見られます。甘いものが欲しくなる人も見られ、チョコレートだけを毎日食べている人もいます。

チョコレートが食欲の衰えの救いに!?
うつや不安が大きくなると、チョコレートの摂取量が増える方がいます。チョコレートには、元気を与え、集中力を増やす作用があるようです。また、チョコレートの成分であるカカオmには軽い精神安定剤作用があることが示されています。

チョコレートを摂取することで他のアルコールなどの物質に依存することもありません。

アルコールの場合には、一時的に気分を明るくさせる作用があるので、うつの時期には、知らず知らず量が増えていきます。そして食事を摂らなくなり、乱用および依存へ進んでいく場合もあるので注意が必要です。

食欲が低下し、摂取カロリーが低下しているときには、しばらくチョコレートを食べてみるのはいかがでしょうか?


うつの身体のSign:痩せる・または太る

食欲異常がもたらす体重増減
うつで食欲低下すれば、当然体重も減少していきます。一年間で5キロ以上の体重減少・あるいは気分転換をきたすとか、あるいは一週間で一キロ以上の体重減少が見られるといった場合、うつ病の可能性が高くなります。

うつ病の方の痩せ方は、運動によって痩せるダイエットとは違っています。筋肉も臓器も弱り、やせ細ってしまうのです。うつ病の方自信が「お婆さんのような身体になった」と語ることもあるように、けっしてキレイにスリムになるのではなく、不健康に見える痩せ方をします。

気をつけなければならないのは、気分の変化がなかったり、食事量が変わったりしないのに体重が徐々に低下していく場合です。ガンなどの重症の身体疾患が隠れている場合もあるので、「うつだ」と素人判断をしていると、大きな病気の発見が遅れる心配があります。

反対に、食欲低下やうつが続き、うつ病と診断された患者さんでも、長期にわたって観察すると、後にガンが発見されることがごく稀にあります。このようなうつ病は「警告うつ病」とよばれています。

医師にとっても、食欲と気分の変化があるからといって、うつ病と即断すると、落とし穴が待っていることがあるわけです。

さらにうつによる食欲異常は、食欲低下ばかりではなく亢進することがあります。秋から冬にかけて発病する「季節うつ病」とよばれるタイプのうつ病に多く、一般のうつ病とは異なり過眠(眠りすぎ=夜間だけではなく昼間もウトウトする)傾向を合併しやすいのが特徴です。

うつ病治療薬で長期的な減量に成功
アメリカのデューク大学医療センターのKishore Gadde博士らは、肥満臨床実験の結果、うつ病の治療用に承認されているBupropionという薬が、肥満女性における長期的な減量に有効であるようだと発表しました。

Bupropionと一日1600キロカロリーのバランス食を処方した被験者の67パーセントは、最初の8週間で治療前体重の5パーセント以上減量、24週間を完了できた被験者は、平均12.9パーセントの減量を達成できたそうです。

そして、減量した多くは脂肪組織でした。Bupropionの減量効果の正確な内容はわかっていませんが、うつ病の治療によって、肥満も改善できる可能性を示した研究と言えます。


うつの身体のSign:よく眠れない

不眠はなぜ起こる?脳の睡眠コントロール機能が低下

うつ病の方は、じつに98パーセントが「よく眠れない」という訴えを持っています。不眠の訴えには、寝つくのに普段より2時間以上かかる「入眠障害」、入眠後続けて眠ることができず、途中何回も(少なくとも2回以上)目が覚める「中途覚醒」、普段より2時間以上早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」などの種類があります。このなかで、とくにうつ病の方に多いのは、早期覚醒です。

睡眠には浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類があり、この一組は約90パーセントの周期で一晩に4~5回繰り返されます。

レム睡眠時は目が覚めているとき似たような脳波を示し活発な眼球運動を伴い、ノンレム睡眠時は眼球運動や大脳の活動は止まっています。そして、朝方になるとだんだんレム睡眠の割合が増えて目が覚めるのです。

脳には起きている状態を保つ「覚醒中枢」と、脳を休ませる「睡眠中枢」があり、この二つのバランスがうまくとれているとレム睡眠とノンレム睡眠がうまくスイッチして、良い睡眠が得られると考えられています。そして、うつ病になると、覚醒中枢と睡眠中枢をコントロールする脳の動きが衰えるので、どちらかというと覚醒中枢が優位になって、よく眠れなくなってしまうのです。

不眠のタイプに応じた睡眠剤を利用
不眠と食欲不振は、うつに共通して見られる愁訴であり、最も診察時に話題となるテーマでもあります。

歳をとってくると、睡眠時間が短縮し、熟眠感がなくなっていくことはよく見られます。その身近な解決策として、ぬるめのお風呂に30分以上入浴することが勧められています。

うつ病が背景にある睡眠障害は、早寝をすることもできず、なかなか睡眠不足を補うことができません。最近は不眠のタイプに応じて、習慣にならない安全性の高い睡眠薬が登場し、また、鎮静作用の強い三環系とよばれる抗うつ薬も、睡眠効果があることがわかってきました。

早めに専門家に相談し、的確な薬物治療薬を受けることが賢い選択です。

睡眠薬のネット通販最安値情報はこちら


うつの身体のSign:眠りから覚めない

はっきりした原因もなく襲ってくる眠気はなぜ起きる?
過眠は日中に過剰な眠気に襲われたり、または実際に眠り込んだりすることが毎日のように繰り返して見られる状態で、これが少なくとも一ヶ月間は続くものを指します。

そのため社会生活または職業的機能が妨げられ、あるいは自らが苦痛であると感じるものです。

これまで過眠というと、居眠り病ともよばれる「ナルコレプチー」という病気や、寝ている間に呼吸が止まるためによく眠れず、昼間眠くなる「睡眠時無呼吸症候群」のような病気が代表的でした。

これに対して最近はっきりした原因があるわけではないのに、「たんに眠いだけ」という方が増加しており、この中にはうつ病の過眠型というものも含まれているのです。

また、数は多くありませんが、季節性うつ病というものがあります。秋になって日照時間が短くなるとうつになり、そうなると過眠気味になって一日中眠いというタイプです。

このタイプは内部分泌的な異常も同時に起きて多少食欲が増進するので、過食にもなります。

不眠は夜眠れなくても当人だけの問題であり、昼間の仕事にはあまり差し支えないことも少なくありませんが、その点では過眠の方が社会的影響が大きいと言えるでしょう。

ドライバーなどは事故を起こす危険性があるし、病気なのに周囲からは「たるんでいる」と見られ、リストラの対象にもなりかねません。

まずは原因を探ることができる専門医受信をしましょう
うつの改善に伴い、それらの症状は少しずつ良くなっていきますので、しばらくは耐えなければなりません。

また最近、睡眠障害を専門に扱う睡眠障害クリニックや睡眠外来といった窓口が増えてきました。過眠といっても原因はうつ病ばかりとは限らないので、専門医のきちんとした診断によって、最適な治療を選択することが求められます。

季節性うつ病で眠り過ぎる方に対して、かつてアラスカで見つかった症例をフロリダに連れて行くと治ったことから、「光療法」というものが開発されました。

通常は2500~3000ルクス(最近では10000ルクスもある)の人工光を、毎日早朝または夕方に2時間(10000ルクスの場合は30分)鄭度照射する「高照度光療法」が有効です。


関連記事

  1. bihaku_img_123

    うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?…

  2. bihaku_img_138

    うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?…

  3. bihaku_img_91

    うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状」02

  4. bihaku_img_100

    うつ病の治療薬通販コラム「考えの乱れに現れるうつのサインとは?」…

  5. bihaku_img_46

    うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状」

  6. bihaku_img_124

    うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?…

おすすめ記事

  1. うつ病の治療薬通販コラム「うつ病の薬(治療薬)などを最安値で購入する方法!必見!」

PICK UP

  1. bihaku_img_87
    当サイトでは、うつ病の薬(プロザックや副作用の少ないゾロフト(Zoloftなど)やメンタルヘルス、ス…
ページ上部へ戻る