menu
閉じる
  1. うつ病の治療薬通販コラム「うつ病の薬(治療薬)などを最安値で購入する方…
閉じる
閉じる
  1. 自分はうつ病のはずがない!という思い込みが一番怖い・・・
  2. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状とは?」05
  3. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状とは?」04
  4. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状とは?」03
  5. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状」02
  6. うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状」
  7. うつ病の治療薬通販コラム「もののとらえ方に現れるうつのサイン」
  8. うつ病の治療薬通販コラム「考えの乱れに現れるうつのサインとは?」
  9. うつ病の治療薬通販コラム「「身体の調子に見られるうつのサインとは?うつ…
  10. うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?うつの…
閉じる

うつ病の症状と治療法

うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bihaku_img_46

うつのSign:つい自分を責めてしまう

人並みのことができない自分を攻撃するのはなぜ?

うつの人は、「家族に迷惑をかけている」、「会社に申し訳ないことしている」といふうに口にすることが少なくありません。

人は知らず知らずのうちに、自分を誰かと比較しているものですが、うつに陥ると、自分が他人より劣っていると認識するようになりがちです。今までのように元気に仕事に取り組むことができなくなってしまい、人並みに頑張ることができなくなってしまうからです。

また、うつになりやすい人は普段から周囲よりも高いところに目線を置く傾向があります。その状態をキープしなければ、何か人生を物足りないと感じてしまうようです。

この頑張りを維持できているうちはいいのですが、それを下回ると自分の存在感を許せなくなります。たとえ他人からはそう劣っているように見えない場合でも、本人は自分を攻撃し、ますます自信を失っていくのです。

うつ病がより重症になり、大うつ病性障害と診断されるようになると、このような自分を責める症状(自責感)はいっそう強くなってきます。同じような認知障害としては、「自分は何の役にも立たない人間だ」という無価値感、「自分は悪い人間だ」という罪悪感なども加わることが少なくありません。

しかし、この段階の症状は、睡眠障害、食欲低下、意欲低下などの自律神経症状が中心的で、自殺も考えるようになってしまうのが問題です。

周囲にうつの現象であることを理解してもらうことが解決の近道

うつになるのは、糖尿病になることと似ているかもしれません。食べすぎを続けていると、糖尿病になりやすいのと同じで、働きすぎもいずれうつになる可能性が高くなるのです。

もし自分で働きすぎを自覚できる段階なら、いつも仕事のレベルを「80%程度に抑える」という目安を持って取り組んでいくようにすればいかがでしょうか。最初は、物足りない感じがするかもしれませんが、そのうちに、「これくらいが自分の守備範囲ではないかなあ」といった感覚が身についていきます。

自分を責めるという症状が現れると、やや進行したうつと見ることができます。この症状から逃れるには、周囲の人に「うつ」という病気を理解してもらうしかないでしょう。職場の上司、家族、学校の先生など、場合によっては正式に診断書を書いてもらって、病気であることをある程度認めてもらわないといけません。


うつのSign:罰が当たったような気がする

理不尽な発病を納得するために思う?

うつ病に限らず、ガンなどの重い病気にかかった人は、「天罰が下った」とか、「これは祟りだ」というふうに思い込むことが少なくありません。「自分が悪いからだ」と思い込む場合が多いのですが、「先祖の祟りだ」とか「あいつが恨んでいるからだ」などいう考え方をする人もいます。そこで、墓参りに行ったり、仏壇を拝んだりと、「何か癒される方法はないか」と模索することがよくあるそうです。

実はこんな考え方をするのは日本に限ったことではありません。病気は「何かの罰だ」と考えるのは、ごく一般的なことなのです。人類は病をたんに物理的、生理学的な現象と見ることはなく、様々な意味を付与してきました。なかでも、「病気は神に背いた罰」であるという考え方がよく見られます。

こころの病については、例えば、中国の社会では、2000年以上も前に源流のある中国医学の概念によって、「風の邪に冒された状態」という説明がなされてきました。風の邪とは〝万病の元〟と言われ、外界の風の性質をもった邪気です。

「かぜ」や「はしか」などのように、感染性があり、病状の変化が激しく、また頭痛、鼻水、発熱、悪寒、発汗、せき、タンといった、様々な感染症の症状を伴います。「風邪」は、単独で病気を起こすケースはむしろ少なく、他の「邪気」と一緒になって、しばしば人体を襲うものとされています。

現在ではよく「うつ病はこころの風邪」というふうに言われることはご存じの通りです。病状の変化が激しいことや、様々な症状を示すことなど、確かにこの二つは共通した面があり、中国医学が鋭い視点を持っていることをうかがわせます。

しかし、一方でこの考え方は、「近づくとうつる」というような偏見を引き起こし、患者さんや家族を苦しめてきました。さらにこころの病気を持つ患者さんがいると、家族全体が病んでしまうこともあり、ますますそうした偏見を助長をしやすかったのでしょう。

「あなたは無実だ」という筋書きに書きかえることが大切

「自分は罰が当たっているのだ」という筋書きを自分でつくってしまった人を癒すためには、その人が罪を犯していないのだという筋書きに書き換えてあげなければいけません。

「あなたがそんな罪をおかせるはずはない」、「病気と罪はまったく関係がない」と、根強く説明しながら理解してもらう必要があります。

関連記事

  1. bihaku_img_120

    うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?…

  2. bihaku_img_137

    うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?…

  3. Eye-Health1

    うつ病の治療薬通販コラム「うつの思い込みの症状とは?」04

  4. a0002_004056

    うつ病の治療薬通販コラム「もののとらえ方に現れるうつのサイン」

  5. bihaku_img_86

    うつ病の治療薬通販コラム「印象(表情)の変化に現れるうつのサイン…

  6. bihaku_img_129

    うつ病の治療薬通販コラム「身体の調子に見られるうつのサインとは?…

おすすめ記事

  1. うつ病の治療薬通販コラム「うつ病の薬(治療薬)などを最安値で購入する方法!必見!」

PICK UP

  1. bihaku_img_87
    当サイトでは、うつ病の薬(プロザックや副作用の少ないゾロフト(Zoloftなど)やメンタルヘルス、ス…
ページ上部へ戻る